5月第一例会が開催されました!

5月第一例会が開催されました。

多くの皆様にご参加を頂き、感謝です!

公務ご多忙の中、蝦名市長にもお越し頂きました。

青年会議所の新入会員が行うスピーチのトレーニングです。

LDアワーと呼ばれ、スピーチを3分きっかりで終えるように練習して臨みます。

 

 

メインプログラムでは、昨今のくしろの観光を取り巻く環境の変化や、観光業の持つポテンシャルなど、地域の産業としての観光業をどうするべきかという視点でプレゼンが行われました。

今後も増え続けるであろう外国人観光客はどのように受け入れ体制をつくるかが課題であります。迎え入れたい気持ちはあっても、どのように接してよいかわからない、トラブルが起こるのではないかなどの不安という声を多くお聞きする中で、まずは関係諸団体と連携を行い、協力し合って外国人を受け入れるための「観光都市くしろ創造マニュアル」を作成することを発表致しました。

パネルディスカッションには、観光業や外国人という切り口で様々な分野の

4名のパネリストの皆様がご出席頂きました。

ご自身の経験の中から、様々なお話を聞かせて頂きました。

JTB北海道 釧路支店地域観光促進ディレクター 羽柴 渉 氏

KUSHIROおもてなしグルメフェスタ実行委員長 菅野 貴光 氏

釧路管内商工会青年部 会長 大津 英大 氏

釧路国際交流の会 会長 横山 博子 氏

 

外国人と日本人とのコミュニケーションの取り方の違いや、外国人が日本人に対して思っていること、望むことなど、直接聞いてみなければわからないお話を聞くことができました。

その後今後の地域住民が行うべきことを私達から提案させて頂きました。

 

 

観光都市くしろを作り上げ、観光を地域の産業としてより大きく発展させていくためにも、まずは来てくださる方が何を求めて、どんな気持ちでいるのかを知ることから始めていくことが大事ですよね。

残り半年をかけて、様々な方にご協力を頂き、観光都市くしろ創造マニュアルの作成

に取り組んで参ります。乞うご期待!

カテゴリー: 釧路青年会議所 パーマリンク