副理事長方針・専務理事所信

2017年度(一社)釧路青年会議所 副理事長所信

副理事長 金安 真人

 第66回北海道地区大会の主管を担いながら創立65周年を迎える、今後の釧路青年会議所にとって大きな節目となる年に副理事長という大役を仰せつかりました。ご承認いただきましたメンバーのみなさま、入会よりわたしを磨いて下さった諸先輩のみなさま、関わりを持った全てのみなさまに深く感謝申し上げます。自身の責務を果たしていくことはもちろん、釧路青年会議所の輝かしい未来へとつながる一年となるようチャレンジ精神を忘れずに邁進していく所存でございます。
 歴史と伝統を重んじている釧路青年会議所ですが、同時に変化を恐れずに挑戦し続ける気概をメンバー一人ひとりが持っていたからこそ今日まで続いてきています。わたしたちは現状や前例に甘んじることなく、希望溢れる未来を目指して日々の活動・運動に邁進していかなければなりません。
 まちづくりに「ひと」は欠かせません。どれだけ良い環境が存在しても、良い政策が立案されたとしても、実際に価値あるものを形成し、具現化できる「ひと」がいなければ何の意味も成しません。いかにハードが充実しても中身のソフトが乏しければ何一つ形に成らず、成ったとしても短命で終わることでしょう。わたしたちはまちづくりを行いながらソフトである「ひと」の充実も図っていかなければなりません。
 メンバー一人ひとりが変化を恐れない気概を持ち、「ひと」として成長していくためには人と人の真剣な衝突が欠かせません。なぜならば、人は衝突を重ねることでお互いが磨かれるからです。しかし、近年はコミュニケーションツールの発達に伴い、集うことなく物事を進めていける便利な時代となっているため、人と衝突することなく上辺だけで物事を進めていく風潮があると感じます。青年会議所は年度によって役職や立場は異なりますが、根幹では全会員が平等です。マナーは守りつつも役職や立場に臆することなく、自分の意見をぶつけ、他人の意見も尊重するような真剣な衝突を重ね全メンバーで成長していける年にしていきましょう。
 最後になりますが、栗林理事長をはじめ、メンバー全員を全力で支えていくことをお誓いするとともに、本年が釧路青年会議所にとって実り多き一年となるように自らの全エネルギーを注いで邁進していくことをお誓いさせていただきますので、みなさまのご支援、ご協力も何卒よろしくお願い致します。

2017年度(一社)釧路青年会議所 副理事長所信

副理事長 菅原 宏

 1952年に志高き先輩諸氏により、創立された釧路青年会議所が本年65周年を迎えるのと同時に、2008年「絆」をテーマとし、第57回北海道地区会員大会を主管してから8年の歳月を経て、本年度第66回北海道地区大会を主管する本年に、副理事長という大役を与えていただきましたメンバーの皆様と今日まで成長の機会を与え続けていただきました先輩諸氏に感謝申し上げます。
 わたしたちが今もなお、釧路青年会議所で活動し続けられるのは、数百名にも及ぶ先輩諸氏がいつの時代も、未来に思いを馳せ「まちづくり」を行う過程の中で「ひとづくり」を行いながら、明るい豊かな社会の創造を目指し活動・運動を続けてきていただいたからに他なりません。わたしたちは今後も先輩諸氏が築き上げてこられた素晴らしい歴史と伝統への感謝の気持ちを胸に抱き、この熱い情熱と魂が宿った釧路青年会議所を更に昇華させるべく、力強く邁進していかなければならないと考えます。青年会議所の特質の一つである年齢制限制の中で活動するわたしたちは、「奉仕・修練・友情」の三信条を基本姿勢に活動している市民意識変革運動の能動者として、また公の団体に属する公の人間として、恥じない行動と若者らしく謙虚な気持ち忘れず、大胆な発想でこの地域に貢献する為の努力を惜しまず、未来に向けて活動・運動をし続けなければなりません。
 本年度は、各種LOM事業に加え創立65周年各種事業構築、北海道地区大会を主管する中で、多くの学びと経験をさせていただく絶好の年であるという気概を持ち続け、2017年度を終えた時のLOMの成長、自己の成長、そして地域の成長を常に想像しながら、全メンバー一丸となって釧路らしさを最大限発揮し、一時の苦労と最高の達成感を皆で共有していきましょう。
 最後になりますが、わたしたちの象徴である栗林理事長をしっかりとお支えする事は勿論、かけがえのない同志と共に本年度、活動・運動させていただけることへの喜びを行動で示し、全身全霊で突き進んで参りますので、皆様のご指導・ご協力を切にお願い申し上げます。

2017年度(一社)釧路青年会議所 副理事長所信

副理事長 菊池 友亨

 本年、副理事長という大役をいただいたことに深く感謝を申し上げます。入会より年毎に、先輩諸氏から成長の機会とあたたかいご指導を賜り、また共に活動するたくさんの仲間から支えと後押しをいただく中で、未熟ながらわたしも、この歴史と伝統ある釧路青年会議所の副理事長という役職を務めることとなりました。みなさまから頂いたご恩と思いを胸に、釧路青年会議所のために誠心誠意務めてまいります。
 釧路青年会議所の創立以来、わたしたちは常に釧路青年会議所の会員たる自負と誇りを持って活動・運動を行ってまいりました。しかし一方で、時代が移り青年会議所の取り巻く環境が変化する中で、どこかでわたしたちは、自分たちの中に限界を設け、その中でのみ活動しているようにも思えます。わたしたちができるのはここまででしょうか。否。わたしたちは青年として、釧路青年会議所会員として、まちのために何ができるのか、今一度真摯に向き合い、より高みを目指し、積極果敢に挑戦する時期に来たのだと考えます。第66回北海道地区大会の釧路主管による開催、そして創立65周年を迎える本年を、自分たちを足元から見直し、青年らしい熱い志を滾らせ一致団結し、英知と勇気と情熱を持って己がまちを住みよい豊かなまちへと変化させるべく、市民とともに新たな一歩を踏み出す契機として、邁進してまいりましょう。
 わたしは青年会議所の可能性を信じています。人は成長し、まちは変化する。その中で、青年会議所は明るい豊かな社会へとまちを変化させることができ、わたしたちも共に成長することができます。これまでも、先輩諸氏の志高き活動・運動により、くしろはさまざまな変化を遂げてまいりました。釧路青年会議所という組織が築かれ、創始の精神のもと活動・運動が積み重ねられてきたことに感謝するとともに、まちづくり・ひとづくりの可能性を信じ、今までの歩みを俯瞰した中で、より一歩先へと市民意識変革運動を展開してまいりましょう。
 やらなくては未来を変えることはできません。変化には時に闘いが必要です。各々が自らの力を最大限発揮し、仲間との信頼と助け合いをもって、より良いくしろの未来を次の世代に残すべく、熱く、真剣に闘っていく。そのような気概溢れるLOMであるよう、栗林理事長をしっかりとお支えし、本年一年を率先垂範でがんばってまいりますので、みなさまのご指導とご鞭撻を宜しくお願いいたします。

2017年度(一社)釧路青年会議所 専務理事所信

専務理事 渡部 哲大

 本年度、歴史と伝統ある釧路青年会議所が65周年を迎えるとともに、第66回北海道地区大会を主管する大切な節目の年に専務理事という役職を仰せつかりました。これまで厳しくも温かくご指導くださいました先輩諸氏、並びにメンバーのみなさまに心より感謝を申し上げます。その大きな責任に改めて身の引き締まる思いでありますが、臆することなく青年らしさをもって職責を全うさせていただく所存でございます。
 常に明るい豊かな未来のために、後退することなく情熱を持って活動・運動を行ってきたのが青年会議所であります。時代が変わり取り巻く環境が変わろうとも、ふるさとを思う青年経済人、責任世代としての誇りと覚悟をもって一歩一歩確実に歩みを進めて行かなければなりません。本年は65周年、地区大会主管という大きな担いのある中で、くしろ地域を牽引していく力強い歩みを進めて行くには盤石なLOMの存在が必要不可欠です。円滑なLOMの運営、予算の管理、関係諸団体との連携・調整など、当たり前のことを当たり前にしっかりと行うことに誇りをもってLOMを下支えさせていただきます。
 未経験の担いではありますが、わたくし自身にとって自己成長の機会、仲間と切磋琢磨出来る貴重な機会と前向きに捉え、全てのメンバーと一致団結し担いを全うする気概をもって日々の活動・運動に取り組んで参ります。どんな些細なことであっても、一人ひとりが誰かのために何か出来ることが必ずあるはず。だから誰も見捨てない、あきらめない。修練・奉仕・友情の先には、さらに力強い釧路青年会議所があると信じて。
 最後になりますが、専務理事として全力をもって栗林理事長をお支えさせていただく所存でございます。一年間の様々なLOMの活動・運動を一人のメンバーも欠けることなく、全メンバーのご協力のもと乗り越えさせていただきたいと思いますので、みなさまのご指導・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。