室方針

社会開発室方針

室長  星野 敦生

 現在、国では北方領土問題を始め様々な課題があり、くしろ地域でも人口減少問題など生活に直接的な影響を与える課題も少なくない現状ですが、物質的な豊かさや地域交流の希薄化といった様々な要因が複雑に絡み合い無関心層を生み出すことにつながっています。これまで国や地域が発展してきたのは人との支え合いの中で生きていき、思いやりに溢れた社会の中でも一人ひとりに主権者としての気概があったからであり、現在では心の豊かさが置き去りにされていると同時に、自らが未来を創造していく気概が薄れていることも否めません。
未来に明るい希望持てる社会を創るためには、他を思いやる心を持つとともに、国や地域の未来を創りあげていく主権者としての気概の根幹となる愛国心や愛郷心を持った人財を育成し続ける必要があります。我々は「くしろ」に住み暮らす責任世代として、若者と触れ合い、国や地域独自の歴史・伝統・文化を身近に感じる機会を創り、未来を担う若者育成を行わなければなりません。
 本年度、社会開発室では主権国家確立委員会の一委員会で構成されております。若者に対し愛国心・愛郷心を育むために、人との支え合いの中で国の歴史・伝統・文化を「くしろ」というフィルターを通してまちづくり活動を展開することで、思いやりの心を育み、国や地域とともに生きていると実感していただき、自らが未来を創造していけるように導いて参ります。また、責任世代として地域の大人が若者の心の成長につながる機会を創りあげるために、地域住民に対して心の教育の必要性を示し、地域連携の基盤を形成することで、活動の継続と「くしろ」からのひろがりにつなげて参ります。
 本室の担いが全うされた時、国や地域に対して誇り溢れる若者自身の手で未来を切り拓いていける主権者としての気概が芽生え、国や地域の問題や課題、可能性について真剣に考え行動し、地域の発展は勿論、より良い日本の創造につながると確信しております。何事にも真摯に向き合い邁進していきますので、ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

人間開発室方針

室長 加藤 綾

 これまでわたしたちの住むこのまちに、釧路青年会議所が存在する価値を考えたことがあったでしょうか。いつの時代も目の前には困難な社会情勢があり、今を生きるひとの生活とこれからを生きる未来に大きな不安を与えて参りました。しかし、幾多の困難を乗り越えわたしたちがこうして今、未来へ夢や希望を持って生きていくことができるのは、JAYCEEの友情を重んじた個々人の開発と同時に、地域に目を向けた活動や運動があったからであります。
 わたしたちは、受け継いだ今をさらに希望が持てる未来へつなげていく推進力となるために、今後も自ら厳しい訓練を課し、メンバー相互の友情を深めることで互いに刺激し合いながら活動や運動を行うJAYCEEへと成長していかなければなりません。真剣に取り組むからこそ生まれる仲間との友情、地域を思う愛情、そして他人を思いやる人情を育む過程がLOMの結束力を生み出し、青年らしい情熱みなぎる活動・運動の発展につながるものと考えます。
 本年度、人間開発室では会員開発委員会の一委員会で構成されています。時代とともに人と人との関わり方が希薄化している今、真の交流を今一度見つめ直し、活力溢れるLOMの活動や運動につながる交流の場を設けて参ります。また、私たちメンバーは、年齢制限制によりLOMの若さを保つ一方で、釧路青年会議所が大切にしてきた歴史や伝統を守ることが大切であり、新たな歴史を刻んでいくためにも、先人たちの流した汗と涙に敬意を払い、関わりのある方々へ感謝の気持ちが表れる心からの交流を一層深めて参ります。
 本年度は、65周年や地区大会があり、これまで以上に会員相互の結束力が求められる年になります。どんなに苦しい時にも明るく笑顔を絶やさず運動を続けられる心の栄養剤となり、一人ひとりが120%の力を発揮する最高に熱いLOMへ導くべく一年間全力で駆け抜けて参りますので、釧路青年会議所の同志みなさまへ、ご指導とご協力を心よりお願い申し上げます。

政策室方針

室長 山口 尚兵

 地方創生における方策のひとつである観光振興による地域活性化において、拡大する国際観光旅行市場の獲得は様々な産業に対しての波及効果が見込め、その成長は地域経済に与える影響も多大なものがあります。くしろ地域でも市場獲得の様々な方策を実施し、訪釧外国人旅行者も年々増加傾向にあります。そして昨年、釧路市は観光立国ショーケースにも選定され、観光先進地域くしろの確立に向け更なる方策を検討しているところです。しかし、取り組みの中核となる人材の育成や、関係者間の連携が不十分であることから、必ずしも成果に結びついていないという現状があります。これからの観光振興による地方創生の様々な方策を推進する上では、こうした背景を踏まえて従来の取り組みのように、行政や観光協会、観光産業の関係者等の一部の人たちだけで取り組むのではなく、幅広く地域住民の参加を得て、取り組みの担い手になっていただくことが重要です。
 政策室は観光都市くしろ創造委員会一委員会にて構成されております。まずは、くしろ地域を観光先進地域として確立させるための方策を推進していく中で、行政や観光協会、観光産業の関係者、地域住民への調査・分析を実施し、観光振興においての新たな産業の可能性、連携方法、人材の育成方法等を模索し発信してまいります。そして、方策を推進する上で必要不可欠である人材に着目し観光産業の関係者はもとより、地域住民も巻き込み、くしろ地域全体の連携・協働による取り組みを促進することで、観光振興に対する地域住民意識の醸成を図るとともに取り組みの担い手へと導きます。これらの活動・運動を通して、新たな取り組みが展開され、観光振興の拡充強化へとつなげていくことが、訪釧外国人旅行者を惹き付ける地域の魅力となると確信し活動・運動を展開してまいります。
 本年度の取り組みの先には様々な国々の方が訪れる国際的な観光地域があり、訪れる方々、暮らす方々が共存共栄する、住んでよし、訪れてよしの地域を実現するために1年間邁進していく所存でございます。皆様に於かれましてはご支援・ご協力のほどをお願い申し上げます。

総務室方針

室長 八幡 好洋

 釧路市の人口が初めて10万人を突破した昭和27年に、地域のさらなる発展を目指して釧路青年会議所が設立されました。設立以来、先輩諸氏が膨大な時間と労力を費やし、市民の信頼を得て、現在に至るまで情熱を継承してきたことで、本年65周年という節目を迎えることができます。さらに本年は第66回北海道地区大会をこの釧路にて主管するという大きな担いのある年でもあり、例年以上に安定したLOMの運営が必要です。
 本年度はこれまで釧路青年会議所を創り上げてきた先輩諸氏の情熱を受け止め、5年後、10年後においても、釧路青年会議所が市民の信頼を得ながら、さらに大きく発展を続けていけるように、未来を見据えた強くしなやかな組織であるべく、その基盤を強固にし、厳しく確実に運営していくことが当室の役割と考えます。
 本年度、総務室は総務広報委員会の一委員会で構成されています。LOMの運営に関わる「総て」が円滑に進むよう積極的に「務める」のが「総務」であります。釧路青年会議所の活動・運動の根幹となる諸会議の準備と運営、必要な資料の整理と保管、ルールに基づく適切な経理処理、迅速な情報の収集と発信のために、専務理事や委員会メンバーと連携して、我々総務室が率先して積極的な姿勢を示して取り組みます。LOMのみなさまのお力をお借りしながら、目先の対応に追われて活動が滞ることのないように一手先、二手先を見据えて、抜かりなく確実にLOMの運営を実現していきます。
慎重さと丁寧さを徹底し、心の通ったひと工夫を惜しまずにLOMの活動を下支えするとともに、すべてのみなさまに感謝の気持ちを忘れずに、一つひとつの担いに真摯に向き合ってやり遂げる覚悟でおります。本年一年、全力で取り組んで参りますので、ご支援・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。