委員会方針

総務広報委員会方針

委員長 伊東 尚悟
副委員長 川辺 大樹

 釧路青年会議所は明るい豊かな社会の実現を目指し、市民意識変革運動の能動者として活発に運動を続けて参りました。先輩諸氏の思いを受け継ぎ、今後もその運動の歩みを着実に進めるためには、全メンバーが活動に集中し邁進できるLOMの基盤づくりと安定した組織運営が行われることは必要不可欠であります。
 本年度、総務広報委員会は全メンバーが力強く活動・運動を推し進めることが出来る環境を作ります。運営面においては、議論の充実を図るために、積極的に各委員会及び会議体のみなさまと連携を図り、諸会議の設営・円滑な運営を行い、迅速に資料を作成・配信致します。議事録や過去資料は貴重な資料として、適切な保管を行い使いやすい状態を保つことで、メンバーの考えの幅を広げたり、まとめたりするなどの活動をサポートします。未来を見据えてこれまで築かれた信頼を引き継ぐために、正確な経理処理を行い、LOMの財務運営をサポートします。そして、広報面においては、LOMの運動を一人でも多くの方に発信することが、市民意識変革運動に直結するため、情報を受け取る側の視点に立ち、特に運動の目的を共有できるようシンプルにお伝えすることで私達の地域への思いに一層の共感をいただき、一人でも多くの動員や活動の理解につながるような情報発信を行います。ホームページやFacebookの更新を欠かさず行うと同時に、これまでの取り組みを検証し、積極的に効果の高い手法を取り入れながら、広く地域住民に関心や親近感を持っていただけるような観点で情報を発信します。
 本年一年、LOMの要の委員会であるという言葉の意味を重く受け止め、LOMの下支えとしての担いを全うする所存です。常に規律正しい運営を行い、心の通ったひと工夫を惜しまず、メンバー全員が笑顔で活動・運動に邁進できる一助となるべく力を尽くして参ります。メンバー、シニアクラブのみなさまをはじめ関係各位のみなさまには、ご指導ご鞭撻を賜ります様、どうぞ宜しくお願い致します。

【方法・手段】
1.諸会議の運営
2.各種備品管理、資料・データの保存
3.JC会員名簿・要覧の編集、発行
4.財務管理の支援
5.広報手段の検証・実施
6.各委員会及び会議体との連携
7.会員拡大運動の推進・実践
8.出向者支援の推進
9.その他

会員開発委員会方針

委員長 合林 拓郎
副委員長 佐瀬 大輔

 釧路青年会議所の伝統が古くから受け継がれている会員開発委員会。敬愛する先輩諸氏が活動・運動をする中でメンバー同士、互いを認め合い、全力で取り組み、これまで多くの揺るぎない絆や厚い友情が、この委員会により育まれて参りました。時代の変化の中で、人との関わりが少なくなってきた今だからこそ、永く受け継がれてきた担いと古き良き伝統をしっかりと伝えていくことが重要であるとともに、新しい伝統を築くべく、これまで以上に感謝を伝え、愛情を持って労うことが大事であり、それがLOMの推進力となり、まちづくり活動・運動、このまちの発展につながっていくと考えます。
 本年度、会員開発委員会では、メンバー全員が笑顔で輝くために、メンバー全員を敬い真剣に労う中で、わたしたちが先陣をきり、楽しみ笑顔でいることを大事にしたいと考えます。まずは、わたしたちを日頃から支えて見守っていただいている、全ての人に感謝の気持ちを伝える場を設け、釧路青年会議所がJC活動・運動に対してどのような気持ちで取り組んでいるのかを知っていただき、理解をしていただくことで、より一層のご支援・ご協力につながるよう努めて参ります。また、メンバー同士の絆や友情を深め、同じ目標に向かう意識を高めるために、メンバー同士が心から労い、互いに理解し、認め合うことのできる場をつくるとともに、楽しく活気ある交流の場を設えます。さらに、本年は第66回北海道地区大会主管や釧路青年会議所65周年という特別な年でもあり、シニアクラブ、他LOMに、ご支援・ご協力をいただきながら事業に取り組む中で、熱く心通わせ、熱く語り合う交流の場を最大限の愛情を持って設え、確固たる強い絆を育んで参ります。そして、一年間のJC活動・運動を通して成長した、わたしたちの姿を御家族に見ていただき、感謝と感動を伝え、共に楽しめる事業を実施することで、より深い家族愛を育んで参ります。
 本年度は、メンバー同士の結束力が求められる年、どんな苦難が訪れようとも、わたしたちが日頃から楽しみ笑顔でいるとともに楽しさの追求をすることで、LOM全体の雰囲気が向上し、さらなるLOMの活動・運動につながっていくと確信しております。その楽しさを、この釧路から北海道、日本へと伝播して参ります。委員会メンバー一同、楽しさの追求をする中で、関わり合う全ての人を敬愛し、感謝を伝え、全ての人が未来へつながる幸福を得られるよう日々邁進して参りますので、ご指導・ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

【方法・手段】
1.会員相互の交流事業の実施
2.関わり合う全ての人へ感謝を表す交流事業の実施
3.関係諸団体・他LOMとの交流事業の実施
4.シニアクラブとの交流事業の実施
5.会員家族へ感謝を表す交流事業の実施
6.各委員会及び各会議体との連携
7.会員拡大運動の推進・実施
8.出向者支援の推進
9.その他

観光都市くしろ創造委員会方針

委員長 筧 陽介
副委員長 西 浩太

 日本国内でも類まれな観光資源を有するくしろ地域、その魅力を求め訪れる観光客は年々増加しております。昨年には日本の地域創生事業として釧路市が「観光立国ショーケース」として選定されました。その期待を受け日本が誇ることのできる観光都市として発展していかなければならないと考えます。特に増加傾向にある訪釧外国人観光客の受け入れの現状にはまだ課題が山積しており、言葉の壁や文化の違いなどから外国人観光客を受け入れる意識にはなっていないのが現実であります。観光都市くしろとして日本国内のみならず世界的にも注目される観光都市を創造することで今後の観光経済の向上につながると考えます。
 本年度、観光都市くしろ創造委員会では、くしろ地域の住民が外国人との言葉の壁、文化の違い、習慣や食に対する問題点を理解するために、外国人と交流していく中で双方の思うイメージや印象、そして、今後求めるニーズを聞き出し調査することで今後の観光都市くしろとして成長するための問題点を導き出します。そして、その問題点を観光に係る関係諸団体の方々と連携を図り、今後の観光立国として成長するためのビジョンを打ち出し魅力ある活気溢れる観光都市の創造を目指します。そのために、観光や外国人に対する意識変革を図るため、おもてなしを醸成する内容を取り込んだ観光の事業を打ち出し発信することでくしろ地域の住民や観光に携わる人材の育成へとつなげ観光客を受け入れる機運を高めます。そして、今後地域住民が観光客に対して満足のいくおもてなしをおこなうことで、また来たいと思っていただける観光都市として発展し、くしろ地域全体の経済の成長につながるための戦略を導き出し、発信することで日本が誇ることのできる観光都市の創造へとつなげてまいります。
 最後に、当委員会では釧路青年会議所メンバーとくしろの地域住民が一丸となり外国人に対して心からおもてなしのできる意識を醸成し、くしろ地域の魅力を双方が笑顔で楽しみながら伝え合う活動ができることにより、魅力溢れる観光都市くしろの創造を目指してまいります。そして、今後観光においてくしろ地域全体の経済が豊かになり観光立国ショーケースの先駆者となれるよう強い気持ちで活動してまいります。
メンバーのみなさまに於かれましてはご支援、ご協力を宜しくお願い致します。

【方法・手段】
1.くしろ地域の住民と外国人との交流会
2.各地関係諸団体との連携
3.おもてなしを醸成する事業の構築・発信
4.今後のくしろ地域の観光戦略の発信
5.各委員会及び会議体との連携
6.会員拡大運動の実践・推進
7.出向者支援の推進
8.その他

主権国家確立委員会方針

委員長 丹葉 光宏
副委員長 米本 侑介

 国や地域を創るのは人であり、未来を担う若者の育成はどの時代に於いても必要不可欠です。時代の変遷とともに物質的な豊かさや安心安全の環境がより良い社会を実現しているのとは裏腹に、個人の有する時間を充実させ、地域交流を希薄へとつなげていることが、若者の国や地域に対する無関心層を生み出していることも否めません。国や地域を創りあげるには主権者意識を持つことが重要であり、その根幹となる愛国心・愛郷心などの思いやりに溢れた心を育む必要があります。現在の環境では育むことが困難であることを受け止め、新たに教育という観点から地域一体となり若者を導いていかなければなりません。
 主権国家確立委員会では、未来を担う若者の愛国心・愛郷心を育むために、地域と共に思いやりに溢れた心の教育を推進していきます。まずは、地域住民に対して若者の心の教育に能動的に携わっていただくために、思いやりに溢れた心を育む教育の必要性を伝えることで、地域全体で若者を育成する意識を醸成します。次に、若者自らが国の歴史・伝統・文化を「くしろ」というフィルターを通じてまちづくり活動を行うために、他者との係りを持ち、外の視点から魅力を捉えることで、普段気付けない国や地域の魅力を知ります。そして、若者が未来の国や地域を創造する人財へなるために、国民としての視点を持てるきっかけを創り、学んだ魅力を若者主体でさらなる調査研究・考案・具現化・発信のプロセスを通じて他者へと伝え、国や地域を身近に感じる事業展開を行うことで、思いやりに溢れた心を育みます。最後に、心の教育の継続と「くしろ」からのひろがりへとつなげるために、地域住民に対して地域一体で若者を育んだ成果の実証をすることで、心の教育推進の行動を喚起致します。
 当委員会の活動が全うされた時、国や地域を大切に思う心が主権者としての意識を芽生えさせ、自ら率先して国を創造する国民へと成長し、国や地域の可能性や課題・問題と向き合える社会になると同時に愛国心などの心の教育がどの地域でも行われている日本になると確信しております。一年間真摯に活動に邁進して参りますので、ご指導、ご協力お願い致します。
 
【方法・手段】
1.過年度の活動・運動の検証
2.思いやりに溢れた心の教育の必要性の発信
3.愛国心・愛郷心を育むための魅力発見事業の実施
4.若者主体の魅力発信事業の考案・実施
5.思いやりに溢れた心の教育の継続と推進
6.各委員会及び会議体との連携
7.会員拡大運動の実践・推進
8.出向者支援の推進
9. その他

65周年実行委員会方針

実行委員長 平井 伸幸

 歴史と伝統ある釧路青年会議所は第66回北海道地区大会釧路大会を主管すると共に創立65周年を迎えます。1952年、戦後の復興未だままならぬ中において、地域の繁栄に思いを馳せ、自己犠牲を厭わない熱き志と魂を持った先輩諸氏の手によって釧路青年会議所は産声を上げ、その思いは、時代が変わろうとも、不変として脈々と受け継がれてきました。
 今、現役世代として釧路青年会議所に属するわたしたちも、先輩諸氏から連綿と受け継がれてきた熱き志と魂を受け継ぎ、これからも地域に何が求められているのか。何をなすべきなのか。常に自問自答を重ね、JC活動・運動の可能性を信じ、覚悟をもって前へ進んでいかなければなりません。しかし同時に、近年は役職の重責から疲弊感が組織を覆っているようにも感じます。今一度、65年の歴史や受け継がれてきた伝統を紐解き、わたしたち一人ひとりが胸に刻んだ中で、感謝の念を行動に変えて前へ進んでいく事がわたしたちに課せられた使命であると考えます。
 本年度、65周年実行委員会は、絶え間ないご尽力の下、歴史と伝統を築いてこられた先輩諸氏や今日まで変わらずご協力を頂いた関係諸団体のみなさまに心からの感謝と敬意の意を表する式典及び懇親会を設えさせていただきます。また、周年が過去と未来を繋ぐ節目とわたしたち一人ひとりが自覚をした中で、次世代に何を残せるのかを熟慮し、ご参加頂いた方に今後の釧路青年会議所活動・運動に共感や期待をしていただける記念事業を開催させていただきます。
 JC活動・運動は常に利他の精神が根底に存在していると確信しています。「誰のために、何のために、わたしたちは今現役世代として存在しているのか。」を今一度考えてみましょう。己を律し、何事にも真摯に取り組む姿勢や臆せず果敢に立ち向かう姿勢そして何より友を大切にしてきた釧路青年会議所が釧路青年会議所と呼ばれる所以を全メンバーで共有をした中で前へ進みましょう。答えは未来にしかないのだから。
 最後になりますが、栗林理事長の下、誰もが泣き笑い最高の一年だったと思える年となるよう私自身、日々精進し覚悟をもって前へと進んでまいりたいと思います。みなさまのご理解とご協力を切にお願いいたします。

【方法・手段】
1.65周年記念式典の開催
2.65周年記念事業の開催
3.65周年懇親会の開催
4.各委員会及び会議体との連携
5.会員拡大運動の実践・推進
6.出向者支援の推進
7.その他

地区大会主管実行委員会方針

主管実行委員長 濱口 憲太
主管副実行委員長 金安 真人
主管副実行委員長 菅原  宏
主管副実行委員長 渡部 哲大

 釧路青年会議所は戦後の混沌とした時代から現代に至るまで、先輩諸氏の熱き志と魂が宿る崇高なるJC運動により時代を変革され、まちに未来への灯をともして来られました。本年、創立65周年、第66回北海道地区大会釧路大会主管を迎えるにあたり、先輩諸氏へ心からの感謝と敬意を表し、連綿と継承される創始の志と魂を胸に、JAYCEEとして責任世代として自覚と誇りを以て行動することが、今を担う釧路青年会議所会員として普遍の使命であると確信します。
 第66回北海道地区大会釧路大会主管にあたり、主管実行委員長という大役を拝命し、さらなる成長の機会を与えていただいたメンバーみなさまへ深く感謝申し上げます。みなさまへの感謝の気持ちと責任は、主管実行委員長としての責務を全うするべく行動により力強く示して参ります。 

地区大会は「究極のJC運動」である

 「JC運動とは、地区大会とは何か。」その答えは運動の本質を追究しなければ決して導くことはできない。本質を追究できたとき、そこにはJAYCEEの高い気概と揺るぎない使命感が芽生える。使命感を纏うJAYCEEの熱き信念と果敢な行動こそが、人々の強い共感を激しく共鳴させ、市民意識と地域を変革するのだ。しかし一人では何も出来ないし変えられない。地区大会は誰一人欠けることなく、思いをひとつに全員で向き合うことで、究極たるJC運動の効果をわたしたち一人ひとり、組織にもたらしてくれる。今こそ、わたしたちは真にひとつとなり北海道地区協議会、大勢の市民と手を携え、運動の本質と向き合う釧路青年会議所しか成し得ない、新しい時代を呼び込む風を、くしろの地から北海道へ、メンバー全員の絆で力強く巻き起こしましょう。
 最後になりますが、私自身やり遂げる熱き信念を胸に、誇り高き釧路青年会議所へ果たすべき使命と責任を全身全霊で全うして参ります。一年間、メンバーみなさまのご協力を宜しくお願い致します。

【方法・手段】
1.第66回北海道地区大会釧路大会の構築
2.主管諸会議の開催・運営
3.主催諸会議への参画
4.地区大会運営委員会との連携及び連絡調整
5.各委員会及び会議体との連携
6.会員拡大運動の実践・推進
7.出向者支援の推進
8.その他