会議体方針

出向者連絡会議方針

議   長 金安 真人
出向理事 林 真由実
出向理事 泉浦 慎也

 綱領にはJAYCEEは地域、国家、そして世界に対しての責任を自覚した上で明るい豊かな社会を目指していくとありますが、全てを個人で担うのではなく志を同じくする人間同士で力を合わせることが重要であるとも明記されています。わたしたちには自分達の地域のことだけを考え活動・運動するのではなく、国家や世界という幅広い視野も持ちながら同じ志をもつ他地域のJAYCEEと協力して問題解決に臨んでいく必要があります。出向というフィールドに積極果敢に飛び込み、多くの同志と協力して明るい豊かな社会の実現に向けて精進していかなければなりません。
 まずは、出向者の意欲を高め全員が出向先で頼られるJAYCEEへと成長するために、出向者同士が労を称え合いながら英気を養い、事業についての目的観や方向性についての情報交換を行える場を定期的に設けることで、楽しみながらも真摯に取り組む真の出向者としての気概を育んで参ります。そして、LOMメンバーが公益社団法人日本青年会議所やJCIが行う事業に対して積極的に参加できるように、各委員会や会議体と連携して事業の意義や魅力を余すところなく伝えることで参加意欲の向上と事業に対する理解を深めて参ります。さらに、出向によって広がった視野を個人レベルで終わらせず、今後の地域発展に確実に活かしていくために、出向者それぞれが得た成果や経験を共有できる場を設けることで、出向者が得てきたものをLOMにフィードバックし今後の活動・運動にさらなる厚みを持たせて参ります。
 LOMのことばかりを考えるのではなく、出向で様々な経験をメンバーが積むことは最終的にはLOMとしての視野を広げることにつながります。出向という青年会議所の素晴らしいシステムを最大限に活用していくことが地域の明るい未来につながると信じ、会議体メンバー一同邁進して参りますので、みなさまのご支援、ご協力を何卒よろしくお願い致します。

【方法・手段】
1.出向者同士の情報共有
2.LOMへの情報提供・フィードバック
3.各委員会及び会議体との連携
4.会員拡大運動の実践・推進
5.その他

渉外JC特別会議体方針

議 長  佐 藤 雄 一
副議長  福 原 美 朋

 釧路青年会議所は、第66回北海道地区大会の主管そして創立65周年の年を迎えます。例年とは異なる特別な一年を迎えている本年、やり遂げた後に得られる感動や経験に向かって、メンバー一人ひとりが、今日まで紡がれてきた歴史や伝統と向き合い、日々のJC活動・運動に邁進していかなければなりません。そして、地区大会また65周年をやり遂げるにあたっては、全道はもちろんの事、日本ひいては世界を視野に入れた活動・運動が展開されると考えます。いかにしてメンバー一人ひとりが、円滑且つ「出物に参画して良かった」と思っていただけるかを熟慮し活動を行っていくことが当会議体の使命です。
 本年度、渉外JC特別会議では、JCI・日本JCまた北海道地区協議会の開催する運動や諸事業にふれ経験をする機会を多く持っていただけるよう、より多くの情報をみなさまに周知し参加を促します。そして、地区大会や周年を開催するにあたり、主催実行委員会など、例年には無い諸会議や各地域においてのPR活動が多くある中で、メンバー一人ひとりに開催する趣旨をご理解いただき、一人でも多くのメンバーが参加できる環境を整えていきます。さらに、各種案内や他LOMとの連携や情報交換を密に行い、事前調査や綿密な計画を作成することで、よりスムーズな渉外が行えます。
 当会議体では、LOMのメンバーが一人でも多く各地へと参加できる環境を作り、多くの学びや気づきを得て楽しんで活動を行えるのかを念頭に置いた中で活動・運動を行って参りますので、みなさまに於かれましては、ご理解ご協力のほどを宜しくお願いします。

【方法・手段】
1.渉外活動の実施
2.各委員会及び会議体との連携
3.拡大運動の実践・推進
4.出向者支援の推進
5.その他

JCの魅力拡大特別会議方針

議長  平田  匠
副議長 伊藤 剛一
副議長 藤川 拓也

 本年度、(一社)釧路青年会議所は創立65周年という永きにわたり受け継がれてきた歴史の節目を迎えます。創立以来、「ひとづくり」と「まちづくり」に数多くの先輩諸氏が大きく関わり、JC活動・運動の礎を築き、そして後世へと紡がれてきました。そして本年、(一社)釧路青年会議所は第66回北海道地区大会釧路大会を主管するという歴史を刻み、この歴史とさらには先輩諸氏が築き上げられた伝統を継承する責任があります。我々が将来に向けて高い意識でJC活動・運動へ邁進するためにはこの歴史と伝統を守り、古き良き規律と礼節を習得することが基本であると考えます。
 JCの魅力拡大特別会議では、『修練・奉仕・友情』という青年会議所の揺るぎない三信条の下、新入会員の育成と将来のLOMに欠かすことの出来ない会員の拡大を目的とし、メンバー一人ひとりが常に自問自答しながら釧路青年会議所独自の育成と拡大の手法をもって一年間を通して取り組んでまいります。青年会議所の組織に所属することは、自身の企業における立場に通ずるものがあり、どの組織においても青年経済人としての役割が与えられております。自身の責任はもとより、地域に対する責任を持ち充実した未来を切り開くためにも釧路青年会議所での活動・運動で身につけることができると誇りに思っていただきたい。そこでしかできない感動体験が必ずあります。組織に必要不可欠なJAYCEEへと成長するためには、会議体だけでは成し遂げることはできません。正副委員長をはじめとする委員会メンバーはもちろんのこと、この釧路青年会議所メンバー全員で新入会員の育成に力を注いでいただき、一日でも早く溶け込んでもらいたいと考えております。
 会員拡大においては、会員減少の現状を把握した上でどれだけ多くの人々にこの青年会議所活動と運動を経験させてあげることができるのかを考え、メンバー全員のご協力とシニアクラブとの関係性を密に取り、このまちの負託と信頼に応える存在になるべく皆様のご協力をいただきながら拡大運動に取り組んで参ります。青年会議所の特質である単年度制、定年制で機会の均等が与えられる古き良き環境でどれだけのJAYCEEをこのまちに輩出することができるのかを今一度考え、ひとりでも多くの同志を集めこの地域で活躍することが重要であると思います。メンバー一丸となって取り組むことは、JAYCEEとしての非常に大切なことと考えております。
 最後になりますが、JCの魅力拡大特別会議では、青年会議所活動と運動を通してメンバー自身が成長する一助となるべく、新入会員の育成と会員拡大への使命感を持ち『修練・奉仕・友情』を基軸として、厳しい中にも愛情と地域の大人としての品位を忘れずに指導する所存でございます。メンバーみなさまのご協力をお願い申し上げます。

【方法・手段】
1.新入会員の指導・育成
2.オリエンテーションの実施
3.新入会員例会の実施
4.JCソウル伝承式の実施
5.メンバーシップを高める事業の実施
6.会員拡大運動の推進・実践
7.各委員会及び会議体との連携
8.出向者支援の推進
9.その他